十日町タウン情報

  1. 十日町タウン情報
  2. JCVニュース
  3. 邪気を追い払え!大井田地区で年中行事「しょうぶぎり」

邪気を追い払え!大井田地区で年中行事「しょうぶぎり」

2023年06月06日 16:46更新

ショウブとヨモギを包んだワラの棒を勢いよく地面に叩きつけ、厄払いをする年中行事「しょうぶぎり」が5日(月)、十日町市大井田地区で行われ、地元の子どもたち30人ほどが参加しました。

「しょうぶぎり」は無病息災や豊作を願う厄除けの年中行事です。ショウブとヨモギを包んだワラの棒を子どもたちが勢いよく地面に叩きつけて、害虫と共に邪気を追い払います。

元々は5月の端午の節句行事ですが、大井田地区では雪消えが遅いため昔から1月遅れで行われてきました。今年は長さ1mほどの手作りの棒が60本以上用意され、地元の園児や保護者、小中学生など30人以上が参加し、大井田民謡保存会が歌う唄に合わせて棒を地面に叩きつけました。

東小4年生
「棒はヨモギのにおいがする」「強くたたくのが結構大変」
「強くやらないと棒が壊れない。悪い鬼を追い払うよう願った」
「強くやると良い音が出るけど、音を出すのが難しい」

津南中等1年生
「行事の目的は一応知っている。変わらずにみんな参加していてうれしい。この行事は、何か願いがこもっている感じがする。前はコロナが収まってくれればと思ったし、いまは世界平和を願っている」

大井田民謡保存会では15年ほど前から地域に残る年中行事や、祝い唄、わらべ唄などを後世に伝えようと毎年「しょうぶぎり」への参加も呼び掛けています。関係者によりますと「しょうぶぎり」を今でも行っている集落は、市内では大井田地区を含めて2か所だけだということです。

山田信男会長
「昔からやっていること。これを継続してもらいたい。今の子どもや親につなげていってもらいたい」

この記事が気に入ったら
十日町タウン情報にいいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でJCV Fan !をフォローしよう!

Copyright (C) 2024 十日町タウン情報 All rights reserved.