十日町タウン情報

  1. 十日町タウン情報
  2. JCVニュース
  3. 松代の地域おこし協力隊 新坂さん トレラン大会開催へ CFで支援募る

松代の地域おこし協力隊 新坂さん トレラン大会開催へ CFで支援募る

2022年12月31日 14:00更新

十日町市松代に移住した地域おこし協力隊の新坂志保里さんが、里山の古道を整備する費用としてクラウドファンディングで支援者を募っています。東京出身の新坂さんは、フランス人のパートナーと一緒にミッション型地域おこし協力隊の隊員として令和3年の12月に松代に移住しました。一般の地域おこし協力隊は農作業など日常の手伝いをすることが多いですが、ミッション型はおおまかな課題を設定し、それに対してどうアプローチしていくかを自分で決め、プロジェクトを進める実践型の地域おこし協力隊です。

 

武蔵野美術大学でコミュニティデザイン、コミュニケーションデザインの学位を取得した新坂さんは、社会課題に対して直接的に関わることができる働き方として地域おこし協力隊選び、松代に移住しました。トレイルランニングやバックカントリースキーを楽しむ新坂さんは、「松代での暮らしが今までで一番豊か」と話しています。

そんな新坂さんがミッションとして取り組むのが、今は荒れ果てて使われなくなった古道の整備です。山の中の古道を整備して、トレイルランニングのコースとして活用してもらおうと考えています。今回、整備するための費用を支援してもらおうとクラウドファンディングを立ち上げました。目標は、この古道を使ってトレイルランニングレースの大会を開催することです。

12月1日から「にいがた、いっぽ」というクラウドファンディングサイトで支援を募っています。「にいがた、いっぽ」で検索すると、トップページに「豪雪文化が息づく歴史ある古道を整備したい!アートと里山を巡るトレイルレースを!」というプロジェクトが掲載されています。そこをクリックすると、さまざまなリターン内容が載っており、そこから支援することができます。

クラウドファンディングの目標額は40万円です。29日現在、目標額の66%にあたる26万7000円の支援が寄せられています。募集期間は12月1日から60日間を予定しています。

地域おこし協力隊 新坂志保里さん
「私たちは地域のために何かしたいという思いがある人で集まっています。この古道は何もしなければ、荒れ続けてしまいます。地域の資源としてはもちろん、地域外の人たちに里山の美しさを見てもらえる場として活用していきたいと思っています。ぜひクラウドファンディングに協力していただいて、古道の整備にご支援ください。よろしくお願いいたします」

■問い合わせ:TEL070-3108-0507(越後まつだいトレイルランニング実行委員会・新坂さん
■クラウドファンディングサイト:https://n-ippo.en-jine.com/(にいがた、いっぽ)

この記事が気に入ったら
十日町タウン情報にいいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でJCV Fan !をフォローしよう!

Copyright (C) 2024 十日町タウン情報 All rights reserved.