十日町タウン情報

  1. 十日町タウン情報
  2. JCVニュース
  3. プロの技術に驚き! クロアチアのブラスアンサンブルが生徒に演奏指導

プロの技術に驚き! クロアチアのブラスアンサンブルが生徒に演奏指導

2022年08月17日 16:35更新

十日町市と交流のあるクロアチアのブラスアンサンブル、「ブシナ・ブラス・クインテット」が十日町市を訪れ、今月16日から4日間、地元の中学生と高校生に演奏を指導するワークショップを開いています。

十日町市は20年前の2002年、サッカーの日韓ワールドカップで、クロアチア代表チームのキャンプを受け入れたことをきっかけに、クロアチアと交流を続けています。その流れで、クロアチアを代表するブラスアンサンブル「ブシナ・ブラス・クインテット」のコンサートが今月21日、市内で開かれます。

ワークショップは、コンサートに合わせて今月16日から4日間開かれ、クインテットのメンバーが市内の中学校と高校、あわせて5校の吹奏楽部に演奏方法などを指導します。

十日町市教育委員会 庭野日出貴 課長
「音楽を通して国際感覚の醸成、音楽技術の向上につなげてもらえれば」

このうち県立十日町高校では、ホルンやチューバなど金管楽器を担当している5人が指導を受けました。はじめに、吹奏楽は呼吸が大切だとして、吸った息を均等の力で吐く練習をしました。

羽のボールを投げるイメージで息を吸い、吐く

このあと楽器ごとに分かれて、音の出し方について指導を受けました。

ジェリュコさんがアドバイス「エアは止まらない。舌でエアをカットする感じで吹いて」

十日町高校 2年生
「吹奏楽というだけあって息が命であることを改めて感じた。息の使い方を大切にしたい」

十日町高校 1年生
「音にもメリハリが必要。意識したら音の張りができた」

最後にクインテットが演奏を披露しました。

十日町高校 2年生
「プロの演奏は音の厚みが違い、驚いた。音楽は国境を越える。いいですね」

イヴァン さん
「1番伝えたかったのは、音楽を奏でることは楽しいこと。みなさんがエンターテイナー。演奏を超えてみなさんを楽しませてほしい。十日町市との交流については、距離に負けないものを感じる。大陸が違っても人の心がつながっていれば、ここまで発展することができる」

ワークショップの参加者は、21日のコンサートでステージに上がり、クインテットと一緒に演奏することになっています。

※ご覧の記事は、2022年08月20日(土)~ JCVニュースLiNKウイークリーで放送予定(TV111ch)

この記事が気に入ったら
十日町タウン情報にいいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でJCV Fan !をフォローしよう!

Copyright (C) 2022 十日町タウン情報 All rights reserved.