十日町タウン情報

  1. 十日町タウン情報
  2. JCVニュース
  3. 全商協会の検定で「3冠王」!十日町総合高校3年 田中梨央さん

全商協会の検定で「3冠王」!十日町総合高校3年 田中梨央さん

2022年08月11日 16:40更新

全国商業高等学校協会が主催する計算や簿記などの検定で、県立十日町総合高校の3年生、田中梨央さんが3種目で1級に合格し、いわゆる「3冠王」に輝きました。学校では総合高校は商業高校と比べて商業科目の単位が少ないため、田中さんの「3冠王」取得は「努力のたまもの」と称えています。

「3冠王」に輝いたのは十日町総合高校ビジネス系列の3年生、田中梨央さんです。田中さんは去年11月から先月にかけて、全国商業高等学校協会が主催する検定のうち、3種目の1級に挑戦しました。種目は、そろばんや電卓を使って計算処理能力を判定する「ビジネス計算実務検定」、パソコンでビジネス文書を素早く正確に入力する「ビジネス文書実務検定」、そして会社の利益や財産の状態を会社の内外に提供するために記録し、まとめる「簿記実務検定」の3つです。

田中梨央さん
「3冠王を取れるとは思っていなかった。うれしい」

学校の授業では今回、田中さんが受けた検定について、2級までしか教えていません。ではなぜ1級に合格することができたのか。田中さんは授業の時間を活用し、みずから1級の教科書を広げて学びを深めていきました。

田中梨央さん
「(特に簿記は)文をしっかり読まないと、理解してもどの勘定で仕分けるか。どう計算すればいいか、分からないこともあったので大変だった」

学校によりますと、商業科目の授業は一般的な商業高校の場合、3年間で25時間以上ありますが、十日町総合高校では2年間で20時間です。このため、総合高校の生徒が「3冠王」になるのは、本人の努力のたまものだと話しています。学校の名前が十日町総合高校に変わってから27年目、「3冠王」の誕生は学校史上、初めてです。

河合浩光 教諭
「(私を)超えています、かないません。授業で全部、学ぼうというオーラや勢いを感じた」

田中さんの夢は公認会計士です。夢をつかむため、さらに上を目指します。

田中梨央さん
「検定を取れたことで、勉強すれば身につくことを実感した。簿記の検定など、上の級を目指し資格取得につなげたい」

※ご覧の記事は、2022年08月20日(土)~ JCVニュースLiNKウイークリーで放送予定(TV111ch)

この記事が気に入ったら
十日町タウン情報にいいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でJCV Fan !をフォローしよう!

Copyright (C) 2022 十日町タウン情報 All rights reserved.